赤ちゃんの花火大会デビュー!鼓膜は大丈夫?泣くから迷惑?気をつける事って何?

花火を見る家族の影

夏の楽しみの一つ、花火大会!今年は子どもを花火大会デビューさせようかな♪と楽しみにしている初ママさんもいらっしゃるのではないかと思います。とはいえ、小さい赤ちゃんだと耳への影響など、連れて行って良いのか心配な面もありますよね。

まず初めにお伝えしておくと、花火の大きな音で鼓膜が破れてしまうことはないそうです。そのため花火大会に赤ちゃんを連れて行く事自体は問題ないようです。しかし、それ以上に大変なことはたくさんあります。そこで、子どもを連れて行く時の注意点をまとめてみました!

スポンサーリンク

注意点その①場所見知り人見知り

とにかく花火大会は人ごみの中!まだ自我が芽生えていないほどの月齢であれば、びっくりして逆に静かになることもあるかもしれません。

しかし初めての場所で、知らない人に囲まれた場所は、赤ちゃんにとってストレスの何者でもありません。静かだったのもつかの間。花火が始まるときっとすぐにグズりだしてしまい、花火どころではなくなってしまいます。

注意点その②オムツ替え&授乳スペースが近くにない

花火大会会場は、もちろん基本外ですよね。大きな商業施設のイベントと違いオムツ替えスペースや、授乳スペースはありません。赤ちゃんのオムツ替えのタイミングは、いつ起こるかわかりません。

また完全母乳の赤ちゃんだと、その場でおっぱいを出すわけにもいかないでしょうから、場所を離れなければならなくなるでしょう。もしくは授乳ケープを嫌がらないお子さんなら大丈夫かもです。

できれば近くにショッピングモールなどの多目的トイレがある場所で観覧を選ぶといいかもしれません。

注意点その③虫刺され

花火大会が行われる夏の時期は虫刺されにも要注意です。大人と違って痛いや痒いを言えない赤ちゃん。

スポンサーリンク