相場はいくら?両親に必要?初節句のお祝いのお返しについて知っておきたいマナー

五月人形

赤ちゃんが産まれてはじめて迎えるひな祭り、あるいは子どもの日のことを初節句と言います。古来の日本では、季節の変わり目に邪気が入りやすいとされ、季節の節目に無病息災や子孫繁栄などを願って邪気を払う儀式やお供え物をしたりしていました。

最近では両親や親族を招いてお食事会をするのが習わしのようですが、初節句にお祝いをいただいた場合、どのようなお返しをするのがよいのでしょうか?

今回は初節句のお返しについて知っておきたいマナーについてまとめます。

スポンサーリンク

初節句でお祝いをいただいた場合のお返し

子どもの初節句に雛飾りや五月人形などお祝いをいただいた場合、一般的には親しい親族を招いてお食事会をする、そのおもてなしがお祝いに対するお返しにあたります。

改まってお礼をする必要はありません。ただし、お祝いをいただいたのに都合で招待できなかった場合などは、内祝いとして日持ちするお菓子や縁起物の紅白餅、お米、鰹節などを贈りましょう。その際に子どもの写真やお手紙をそえてあげると一層喜ばれます。

相場はいただいた金額の1/3から半額程度のもの、時期は節句から1カ月以内、のしは蝶結びの水引きにし、子どもの名前で送るというのが一般的です。

お食事会とはどんなもの?

初節句は子どもの健やかな成長を願い、両親や親族を招いてお食事会(お祝い)をすることと述べましたが、「お食事って何?」と悩んでしまいますよね。

昔は大々的に行う行事の一つだったようですが、現在は核家族化や住宅事情により親だけで行ったり、呼ぶのは両親までという場合も少なくありません。

また、お食事会といっても特にしきたりや決まりがあるわけではなく、ひな人形や五月人形などを飾って、縁起のよいお料理をみんなで美味しく食べる…というような内容です。

3月3日や5月5日にピンポイントで行うことも難しいのでそのあたりの土日に行うことが多いようです。手料理に不安がある場合は、お寿司をとったり、仕出し弁当を頼むのもよいでしょう。

スポンサーリンク