子供を外で遊ばせた方が良い4つの理由

サッカーをする子供

近年、子供の体力低下が騒がれているのをご存知でしょうか?そこには、昔よりも外で遊べる場所が少なくなってしまったことが原因だと言う意見もあります。子供の免疫力を高めるためにも、なるべく外で遊んでほしい物ですね。

今回は「子供を外で遊ばせた方が良い4つの理由」をご紹介します。お子さんがあまり外で遊ばない方は、こちらで良い理由をチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

外遊びは「脳」を活性化させる!

普段の生活で、お子さんがいつもそわそわしていたり、落ち着きがないと感じたことはありませんか?お子さんの「そわそわ」には実は原因があります。それは、脳の中にある「前頭葉」の発達が上手くいっていないかもしれません。

前頭葉が未発達の子は、ずっと落ち着きが無く集中力もすぐに途切れてしまうと言われています。そして、この「前頭葉」を発達させるためには「外遊び」に効果があるとわかりました。

外にはお子さんの五感を刺激する物がたくさんあり、そのどれもが脳を発達させる材料となります。そのため出来るだけ早い段階、幼稚園や小学校の低学年で外遊びを沢山させておくと、集中力の続く子になります。

体力がつく

外遊びではたくさんの物に触れるため、体力と免疫力が同時につきます。そして太陽の光を浴びながら体を動かすと、ビタミンDが形成されるなど良いことがたくさんあります。

太陽の光を浴びると生活習慣が整えられて朝寝坊をしないようになります。また雑菌への免疫もつく為、病気になりにくい体を作ることもできます。体力のある子は精神面でも自立した子に育つ傾向にあり、ポジティブな考え方が生み出されます。健康面から言えば外遊びはお子さんの健康状態を守るのに最適と言えるでしょう。

コミニュケーションを覚える

外遊びは「社会的」な場所です。自分以外のお友達と一緒になって遊びながら、社会的なコミニュケーションを身に着けることができます。

自分中心に遊んでいてはお友達と仲良く出来ませんし、たまには自分が折れて友人の事を考えられるようにならなければ、大人になって社会に出てから苦労してしまいます。

スポンサーリンク