この症状はインフルエンザ?子供のインフルエンザの初期症状や対処法

熱を測る子供

風邪とはまた違った怖さを持つ「インフルエンザ」。最近では熱が上がりにくくインフルエンザと分かりづらい症状が出る事で話題となりましたね。

子供は大人に比べて免疫力が低く、他人との接点も多いため、インフルエンザにかかりやすいです。もしもインフルエンザの初期症状が出てしまった場合どういった対処をとればいいのか、あらかじめ確認しておくと焦らずに行動に移せます。

今回ご紹介する記事で、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

インフルエンザの初期症状は?

まず、インフルエンザの発症は「急激」です。つい先日まで元気だったのに、いきなり高熱が出たり体の不調を訴え始めた場合にはインフルエンザの可能性があります。

また、インフルエンザには「38度以上」の高熱が伴い、体中の神経が飛び出しているかのような「神経痛、関節痛」が出ます。一般的な風に比べて症状が重く、のどの痛みや鼻水が症状の後から出てくるのも特徴です。

また子供の場合は両親がわからなくなったり、ろれつが回らなくなってしまったり、最悪痙攣の症状がみられることがありますので出来るだけ目を離さないようにしましょう。

病院に行くタイミングと伝えたほうが良いポイント

インフルエンザは発熱してから半日程は「はっきりとした検査結果」が出にくいため、せっかく病院に行ったのにもかかわらず正確にはわからなかったという場合があります。

意識がきちんと保てている場合は少し時間を空けて、具体的には一日ほど時間を空けてから病院に行くようにしましょう。

病院へはあらかじめ電話を入れ「インフルエンザの疑いがある」と伝えると、周りへの感染を防ぐ対策になります。また、お子さんの周囲(学校や家の中)でインフルエンザに感染した人がいないかもチェックしておきましょう。

インフルエンザのワクチンはいつ頃打てばよい?

子供はインフルエンザの予防注射を「二度」打つ必要があります。そのため、インフルエンザが流行しやすい冬の時期に合わせて前から準備をしておくとよいでしょう。

スポンサーリンク