せっかくの時間なのに羽を伸ばせない?産後の一人外出の不安あるある

気がかりな表情の女性

子供を産むとどうしても一人の時間って無くなってしまいがちですよね。毎日毎日子供と2人っきりで自分の時間がない!一人で出かけて息抜きをしたい!そんな考えから、子供を誰かに預けて一人で外出を決行しているママも多いでしょう。

しかし、いざ外出をしても心の底から楽しむことができず、不安を抱えてせっかくの一人の時間を堪能できていないママも多いのではないでしょうか?そこで今回は産後の一人外出のあるあるをご紹介しましょう。

スポンサーリンク

子供が泣いていないか不安

子供を預けてきたのはいいものの、寂しがって泣いてはいないか?ちゃんとご飯は食べれているか?いい子で遊べているのか?とっても不安になってしまいますよね。せっかくお出かけをしているのに、それが気になって仕方がないのです。

たった2時間美容院に行っただけ、たった1時間買い物に行っただけ、それだけでも子供のことが気になってしまうママは少なくありません。

そんな子供がどうしているのか不安でせっかくの一人の時間が楽しめないというママは、預けているパパやおばあちゃん、おじいちゃんに頼んで逐一メールで写メを送ってもらうようにしてはいかがでしょうか?

一時間に一回でも子供の元気な姿を見ることができれば気持ちは全然違ってきます。また写メが無くても「今遊んでるよ~」「おやつ食べてるよ~」「オムツ変えたよ~」といった連絡を受けることができれば安心することができますよね。

いつもいつも連絡をしてもらうのはとても大変ですが、初めて預けたときくらいは小まめに連絡をもらえるようにしましょう。

ちゃんとお世話をしてくれているか不安

頼りがいのある夫や義父、義母に子供を預けたとしても、「ちゃんとお世話はしてくれているだろうか?」という不安はどうしても付きまといます。特に生後間もない我が子を預けた場合、授乳の心配もありますからより一層不安になってしまいますよね。

スポンサーリンク