金銭感覚が合わないママ友との上手な付き合い方

財布と手

金銭感覚は今までどのような環境で、どのような価値観を養ってきたかによって差が生まれます。そのため、全く違う環境で、全く別の職種をこなしてきたママとは金銭感覚があまりにもかけ離れている場合もあります。

そのような金銭感覚が合わないママと一緒にいると疲れてしまいますし、無駄なことにお金を使う羽目になって憂鬱になってしまいますよね。そこで今回は、金銭感覚が合わないママ友との上手な付き合い方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

自分の金銭感覚が世間とずれていないのか考える

金銭感覚が合わないと感じた場合、そのママ友の金銭感覚を疑うのも必要ですが、まずは自分の金銭感覚が世間とずれていないのか客観的に見つめなおしてみましょう。もしかしたら、自分の金銭感覚がおかしいため、そのママ友の金銭感覚に違和感を覚えている可能性もあります。

そのような場合なら、これから先様々なヒトと関わる中で金銭感覚が誰とも合わないと悩んでしまう原因となることもあります。

今までは同じ金銭感覚の人と関わるだけで成り立っていた生活も、ママ友という自分と気が合う人とだけ関わればいいというわけではなくなります。ママ友という新しい人間関係を築く前にまずは世間と自分の感覚をすり合わせてみましょう。

無用な付き合いは断るようにする

金銭感覚が合わないママ友と過ごしている中で困ってしまうのが、お金を使う遊びに誘われることではないでしょうか?

おしゃれなカフェでお茶会、ランチ、休日はどこかのショッピングモールに行ったり、テーマパークに行って遊んだりと何かとお金を使う遊びに誘われてしまうことに嫌気がさしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

もちろん、お金を使う遊びが好きならばいいでしょうが「お金を使わないでも公園や子供センターで無料で遊べるのに・・・」という気持ちがあるならば、無理に付き合うことはありません。

スポンサーリンク