子供が叩くのはなぜ?友達を叩いてしまう子供の本音と対処法

喧嘩する子供

子供は言葉がまだ上手に出ないため、どうしても手が出るような喧嘩に発展してしまいます。しかし、子供がお友達を叩いてしまったことを「子どもだから仕方ない」と、終わらせてしまうわけにはいけませんよね。

気に入らないことがあるとすぐに叩いてしまう子供にはどのように言い聞かせてあげればいいのか、今回は対処法を含めて本音についてかんがえてみましょう。

スポンサーリンク

子供が叩いてしまう理由を聞いてみる

子供がお友達を叩いてしまうのは、それなりに理由があるはずです。その理由を子供に聞くことなく頭ごなしに叩いてしまったことを怒ってしまってはいけません。

子供が叩いてしまった時は、なぜ叩いてしまったのか?いったい何があったのか、まずは優しく話を聞いてあげましょう。最初はなかなか伝えられないかもしれませんが、ゆっくりとお話を聞いてあげれば何があったのか詳しく把握できるはずです。叩くのがよくないという話をしてあげるのはそれからです。

お友達を叩くことはダメと怒ることも大切ですが、その前に子供がどんな悲しいことがあって、どんな気持ちでお友達を叩いたのかしっかりと話を聞いてあげて、その気持ちをいったん受け止めてあげましょう。

ママが気持ちを理解してくれたと思ったら、子供はそこで一旦落ち着きます。まずは怒るよりも、叩いた理由を優しく落ち着いて聞いてあげるように努めてくださいね。

叩きたくなったらどうすればいいのか教えてあげる

子供は言葉のボキャブラリーがまだまだ少なく、自分の感情を抑えることも下手なので思わず口より先に手が出てしまうのです。

しかし、言葉が出てこないから叩いて自分の気持ちを主張する行動をそのまま放置してしまったら、大人になった時にDVをしてしまう可能性や、傷害事件を引き起こす人間になってしまうかもしれません。

そのような大人にならないようにするためにも、お友達を叩きたくなったらどうすればいいのか?ということをママが教えてあげる必要があります。

スポンサーリンク