新米ママさんへ!予防接種についての基礎知識

注射をする赤ちゃん

生後2ヶ月から始まる予防接種。自治体から用紙が送られてきたり、保健所などで配布されてビックリする方もいるはず。

同時接種って?定期接種?任意接種?など、未経験な新米ママさんにとったら、我が子の為にも色々と知っておきたいのではないでしょうか。そこで、私の経験や調べた内容をもとに、解説したいと思います。

スポンサーリンク

そもそも予防接種とは

そもそも予防接種は、病原体をもとに作ったワクチンを体内に接種することで、免疫力をつけさせる効力を持っています。

言い方を変えれば、重症にならない程度の量のワクチンで、軽く“病気に感染させた状態”にさせることで体内に抗体を作り、病原体を攻撃するしくみを作りあげます。予防接種をうけることにより、病気の発症または重症化を防ぐことができるのです。

なので、現在予防接種の対象になっているものは、どれもかかってしまうと命の危険性が高いものや重い合併症を引き起こすもの、または後遺症が残る場合も考えられる病気となっています。

一生そういった病気にならない、もしくは軽症で済むとなると、しっかり受けさせないと!という気持ちになりますよね。

任意接種って受けた方がいいの?

予防接種には、定期接種と任意接種があります。定期は基本必須となりますが、任意はあくまで“希望者”であり、尚且つ実費となる場合が多いでしょう。しかし、以前ドクターに聞いてみると「任意=接種しなくても良い程度の病気」ではないそうです。

詳細は分かりませんでしたが、出来る限り受けることを勧められました。費用がかさみ痛いところかもしれませんが、実際にその病気にかかってしまった時には、入院費諸々それ以上にかかります。そして、可愛い我が子も苦しむことになりますので、接種することを強く勧めます。

同時接種は大丈夫なの?

海外では当たり前に行われていたそうで、日本ではここ数年で同時接種が主流になってきたそうです。そもそも不安なのは、同時に接種することにより、危険はないのかという点ですよね。

ドクターに聞いてみたところ、1つずつ接種した時と同時接種をした時も、何らリスクが変わらないとのことでした。

スポンサーリンク