吐き気にイライラ…産後のPMS(月経前症候群)が酷い…。原因と悩めるママのための改善法

イライラする女性

産後、自分の体調が産前と変わったという方は多いのではないでしょうか?疲れやすくなった、すぐ眠くなる、三半規管が弱くなったなど、様々な症状があるでしょう。

そんな中、PMS(月経前症候群)に悩まされる方も増えています。PMSとは、生理前になるとイライラしやすくなったり情緒不安定になりがちで、疲れが出やすかったり体が重く感じてだるくなったり、風邪の初期症状のような体調不良を感じることです。

育児や仕事をしながらもこのPMSに悩まされる女性は数多くいますが、簡単に休むことができないのがママの辛い所です。今回は少しでもその症状を軽くする為に、すぐに試せるPMSへの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

PMSの原因

PMSの原因については実はまだ解明されておらず、謎な部分が多いとされています。

しかし、排卵後の黄体期に分泌される女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンバランスの変動が、女性の体に負担を与えていると言われています。また、日頃のストレスの積み重ねも原因と考えられています。

「まごわやさしい」の食品を摂る

まず毎日の食生活を振り返って外食やファストフード中心の食生活なのであれば改善が必要です。また毎日の食事の栄養に偏りがあるのも問題です。

積極的に摂りたい栄養素はビタミンB6、ビタミンE、カルシウム、マグネシウム、鉄分、大豆イソフラボンです。食品の頭文字をとって「まごわやさしい」と覚えると、摂るべき食材がわかりやすいのでぜひ覚えてみてください。

ま=豆(大豆食品など)、ご=ごま(ごまやくるみ、松の実など)、わ=わかめ(海藻類)、や=野菜(野菜全般)、さ=魚(小魚も含む)、し=しいたけ(きのこ類)、い=イモ(こんにゃくも含む)です。

これらの食材をバランスよく食事に取り入れていくことが大切だと考えられています。

適度な運動をする

運動不足はPMSだけでなく様々な症状の原因とされています。定期的に運動するということは私たち人間にとってとても大切なことです。

スポンサーリンク