旅行で子育て!どんな効果がある?子供の成長に関わる旅育とは?

旅行カバンに乗る子供

「食育」は聞いたことがあると思いますが、「旅育」はご存知ですか?読んで字のごとく、旅行によって子供の成長に大きく影響がでると、今注目されています。

旅行では普段見ない物を見たり、体験したり、子供の人間性にも大きく関わってきます。家族の思い出だけでなく、子供も成長できる「旅育」についてご紹介します。

スポンサーリンク

旅育で、どんな影響があるの?

「ここへ行きたい!」とか「何を食べようか?」など子供と親が密接にかかわることによって旅の計画も楽しくなりますよね。家族旅行では子供も大人もウキウキで、いつもより会話が多くなります。

旅行によっておしゃべりする回数が増え、初対面の人とも話したりすることで、コミュニケーション能力が高まります。

また、年に1回以上家族旅行をしている子供は、協調性があり社交的、思いやりがある、我慢ができる、周りとのコミュニケーションで気配りができると言われています。

ある調査結果では成人までに家族旅行が10回未満だった子は、自分勝手でキレやすく、ワガママになる事が多いとされています。

広い世界を知って、前向きになる

子供は普段学校や家などの狭い世界で生きていると、それが全てだと思い人間関係に悩んでしまったり受け身になってしまったりします。

旅行によって普段は言ったことがない知らない世界に行くことによって、「自分はなんて狭い世界で生きていたんだ」と自覚し、色々な場面で困難も乗り越えていくことができるようになります。人生が前向きになることによって、日々が充実し、子供はどんどん成長していきます。

また、公共の場で親が挨拶しているところを見たりして、社会性を学ぶこともできます。親と子供の関係性だけでなく、子供が成長してくれるなら、旅行に行きたくなってきませんか?

自然を感じて本物に触れる体験ができる

普段プールは行ったことはあるけれど、海で泳いだことはないという子供は多いと思います。実際に私の子供が初めて海を見た時に、「こわい~!」と泣いてしまいました。

スポンサーリンク