どんな職種が求められている?産後の再就職で有利な資格とは?

パソコンで調べものする女性

妊娠を期に退職をしたママの中には、家庭を助けるために働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか?

しかし、小さな子供がいるうえで就職をするとなると、会社から「すぐに仕事を休むのではないか?」「採用してもすぐにやめるのではないか?」という理由から採用がされずらいのが現状です。そんな産後の再就職を有利にすすめるためにぜひ考えたいのが資格です。

これがあれば絶対に就職ができるという資格は、世の中には存在しませんが間口が広い職種に適した資格を獲得できれば、就職もスムーズに決められます。そんな再就職に有利な資格とは何でしょうか?

スポンサーリンク

介護資格

子育てをしながら長く働ける職種として有名なのが介護です。介護職のメリットはこれからもニーズが大変期待できるのと、未経験者でもチャレンジできる職種だという点です。

体力勝負ですし、好きではないとつらいことも多い仕事ではありますがやりがいという意味ではトップクラスです。

介護職は資格がなくても働くことができますが、資格をあらかじめ取得していると採用率が上がるほか、資格手当が支給される職場もあります。

さらに初心者でも、一定期間働くと国家資格を取得することも可能です。そうすれば、給料アップも大いに期待が持てます。

一度介護職を経験しておくと転職もしやすく、再就職先も見つかりやすいというメリットもあります。何をすればいいのかわからないというママは、とりあえず介護士の資格を検討してみてはいかがでしょう?

ものづくり系の資格

女性で職人?工場で働くの?と、拒否感を覚えるママもいらっしゃるでしょうが、ものづくりの現場は男性社会でありながら求められるのは繊細で丁寧な作業です。そのため最近の現場では、女性を積極的に採用する企業も増えています。

スポンサーリンク