妊娠中や授乳期におすすめ!もちろん子供にも!家族で飲もうルイボスティー

ルイボスティー

お茶感覚で飲めるルイボスティー。そんなルイボスティーは家族みんなで飲んでほしいステキな効果がたくさんあります。

ルイボスティーはどんな飲み物なのか、妊婦中、授乳期、子供にはどんな効果があるかをまとめてみました。

スポンサーリンク

そもそもルイボスティーってなに?

ルイボスはマメ亜科のアスパラトゥス属の一種です。針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤くなります。ルイボスという意味は、「赤い茂み」という意味があり、葉の赤い色から名付けられたものです。

南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生しています。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好み、セダルバーグ山脈以外での栽培はできないそうです。

古くから南アフリカの先住民から愛されており、日常的な飲み物で「奇跡のお茶」「不老長寿のお茶」として、日々の健康のために飲まれ続けてきました。

そんなルイボスティーには活性酸素を抑える成分が入っていることが近年わかってきました。そして、ルイボスティーはノンカフェインということもあり、世界中で飲まれています。

妊娠中に飲んで欲しい理由

妊娠中に飲んで欲しい理由は、ノンカフェインだからというだけではありません。そのほかにも様々な効果があるのです。それは、妊娠中は栄養不足や貧血になりやすいですよね。

そこで、手軽に飲めるお茶から、ビタミンやミネラルを摂取できるのがこのルイボスティーです。さらには、ルイボスティーに含まれる様酵素が、細胞を酸化させる活性酸素を取り除く働きがあります。

細胞の老化を防ぐことができ、細胞の新陳代謝を高めてくれるのです。そして、細胞が若返ると免疫力が高まり、風邪などの体調不良を予防できます。妊婦中に飲むだけで免疫を高められるのは嬉しいですね。

授乳中に飲んで欲しい理由

母乳にはさまざまな栄養がありそれをあかちゃんが飲むこと成長していきますね。母乳には、たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルが豊富にあります。

この中でも特にカルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているルイボスティーは、母乳の質を高めることが出来ます。

スポンサーリンク