お金をかけずに存分に遊ぼう!お金をかけないエコ育児のすすめ

工作した蝶

育児にはそれなりにお金がかかります。湯水のようにお金を使っても問題なく生活できる…というセレブな方は別ですが、ほとんどの皆さんが、子供の将来のため貯蓄を頑張っていることと思います。そして、節約できるところは節約したいと思っているのではないでしょうか。

健康な体を作るため、食費は必要以上に削りたくないし、教育にかかるお金もしっかり準備してあげたい。そう考えた時、私の場合真っ先に削減対象になったのは、子供の遊びにかかるお金でした。お金をかけなくても、子供って意外と楽しく遊べるものですよ。

スポンサーリンク

私が子供の遊びにお金をかけない理由

おもちゃ屋さんに行くと、様々なジャンルのおもちゃがたくさん販売されています。そしてそれを見た子供は、「これ面白そう!欲しいなー」と、片っ端から欲しがります。

いろいろと興味があるのは良いことですが、なんでもかんでも買ってあげられるわけではありません。経済的にもそうですし、おもちゃが増えると収納にも困ります。

何より、欲しがったからと言ってポンポン買ってあげるのは、教育的にも良くありません。幼少期に我慢を覚えさせるのも大切なことです。

そして子供は飽きやすく、あれだけ欲しいとねだったのに、1ヵ月後には全く遊んでいないなんてことが良くあります。それなら、できるだけお金をかけずに楽しめないかな?という考えに至ったわけです。

自分で作れないか考えてみましょう

「すぐに飽きるかもしれないのに買うのはもったいない!」と思った私は、子供の欲しがるものを、なんとかして自分の手で作れないかを考えました。

私は小さいころから工作は得意でしたから、家にあるもので、息子のためにミニカーを走らせる道路や、ぬいぐるみを乗せられるトラックなど、いろいろな物を作りました。

そして息子がはさみやテープなどを自分で自由に使えるようになると、「どうやったら作れるか考えてごらん」という無茶ぶりをしました。

自分で作るためには、欲しい!と思ったところから、どうやって遊ぶものなのか、そのためにはどういう構造にすれば良いのか、材料は何を使うか、といったように、「遊ぶ」に到達するまでにしっかり頭を使わなければなりません。これが、子供の想像力と創造力を鍛えるにはうってつけなのです。

はじめは「無理だよ。お母さんやって!」と言っていた息子でしたが、私が作業するのを見ているうちに、自分でもアイデアを出して工作し始め、今では私が思いつかないような物を作ったりしています。

なんでも遊びに使えます

貧乏くさいと思われるかもしれませんが、私は子供たちにチラシで遊ばせています。チラシにはいろいろな物の写真がついていますよね。

子供にとっては、その写真だけで十分なんです。食材の写真がついていればおままごとの道具に、車の写真がついていればお絵かきのネタに、可愛いキャラクターがついていればコレクションに、何にでも変身します。

スポンサーリンク