入学前に子供に教えた方がいい?幼児期の文字勉強法

アルファベットを持つ手

幼児期の子供に文字を教える時、皆さんどうしていますか?一から文字を教えるって、意外と難しいですよね。3、4歳になると文字に興味を示す子が増えはじめ、そのくらいの年齢で読み書きができる子も中にはいます。

よその子と比較して、「うちの子は遅いわ…」と悩むお母さんもいるようです。では、幼児期の子供に文字を教えるにはどうしたら良いでしょうか。

スポンサーリンク

身近にある文字から始めましょう

子供が文字に興味を持ち始めると、「これなんて書いてあるの?」と聞いてきます。これは、普段から自分が接してきた文字を、きとんと「文字」として認識できるようになっているということです。

どんな文字でも、身近にあるものに書かれた文字から教えていくと、目につく頻度も高くなるので覚えやすいです。

我が子の場合、大好きな某有名おもちゃメーカーのミニカーの商品名や、調味料のメーカー名など、ひらがなカタカナ関係なく、身近にあるものから覚えていきました。とにかく、子供が興味を持ったものからというのが大切です。

自分の名前から教えるのも良いですね。保育園や幼稚園に通っている子なら、持ち物に名前を書いていると思いますので、その文字を見せながら、「これは〇〇ちゃんのお名前だよ」と教えると、あっという間に覚えると思います。

「読み」には絵本の読み聞かせが有効!

子供のいるほとんどの家庭で、絵本の読み聞かせは実践していることと思います。この読み聞かせをするときに、読んでいる箇所を指でなぞるようにしてみましょう。

書いてある文字と、読んでいる音を結びつけることができるよう、ゆっくりと読みます。そのためには、1ページの文字数があまり多くない絵本の方が良いかもしれません。

内容を暗唱するほど読み込んだ絵本なら、覚えている内容と書かれた文字を対応させながら、一人で勉強することもできます。

絵本の模写で?

これは私の息子の場合なのですが、大好きな恐竜の絵本を模写するのに一生懸命だった時期があり、初めは絵を模写するだけだったのが、そのうち文字までマネして書くようになりました。

スポンサーリンク