使わない育児グッズの処分方法3つ&それぞれの体験談

育児グッズ

小さかった子供が段々大きくなり就園したり小学校にあがったりすると、もう使わない育児グッズが増えてきますよね。

ベビーベッドやベビーカーなどの大物は粗大ごみに出してもお金がかかりますし、まだ綺麗ならお金に代えたいですよね。

すべてリサイクルショップで引き取ってもらえればよいのですが、モノによっては引き取り不可なものも。そんな時少し手間はかかりますが、いろんな処分方法を使い分けるのも方法のひとつです。

そこで筆者が自宅で持て余していた育児グッズを処分したときのことをレポートします。今育児グッズの処分方法で困っている方、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

片づけちゃえばスッキリ!そのための方法3つをご紹介

筆者の自宅で不要になった育児グッズは大きなベビーベッドと、0歳児のときに使っていたおくるみやほぼ使用していない頂きもののブランドベビー服、まだ綺麗なラトルが数十個などかさばるものがいっぱいありました。

それぞれリサイクルショップ、フリマアプリのメルカリ、ジモティーで全部処分できました。それぞれの体験談をご紹介します。

リサイクルショップに持っていってみた

まず近所のリサイクルショップに全て持っていって、どれくらいの値段で売れるのか査定をしてもらいました。この時点でベビーベッドは大きすぎて持って行けず出張費がかかるので断念。新品同様というわけでもないので出張費こみで安く買いたたかれるのを予想してやめておきました。

ブランドの未使用のベビー服が数着売れて300円ほど。着用感のあるものはほとんどが値が付かない状態で引き取りも不可となりました。意外とリサイクルショップは売れそうで売れない感じです。

フリマアプリ【メルカリ】で売ってみた

シミも傷みもないベビー服を捨てるのは忍びなかったので、以前から利用していたフリマアプリのメルカリでサイズをそろえてまとめ売りしてみました。

サイズごとに数着そろえて送料込みで800円にするなど買いやすい設定にしたので、こちらはすぐに売れました。

梱包などの手間はありましたが、ベビー服はポスト投函できますので送料が安く抑えられます。なので利益がきちんと出るのがありがたいところ。ベビー服のほとんどはフリマアプリで処分できました。

ジモティーで売ってみた

最後に残ったのが大物のベビーベッド。はっきりいってこういう大きなものはフリマアプリで売るのは向いていないです。

スポンサーリンク