目がおかしいのはいつまで続く?産後の目の疲れの原因と対処法

目を隠す女性

出産により女性の身体はさまざまな影響をうけます。産後、時間をかけて身体が回復もとに戻るするまでの期間のことを「産褥期」といいますが、この産褥期の過ごし方によって回復具合も変わってくると言われています。

それは「目」についても同様です。産後に目が疲れやすくなったと感じるママは意外と多いものです。今回は産後の眼精疲労についてまとめてみます。

スポンサーリンク

産後になぜ目が疲れるの?

産後に目が疲れる原因の一つは、妊娠・出産に伴う出血により血液が不足していることが関係しています。妊娠中は赤ちゃんに血を送っているので貧血になりやすく、また、出産には大量出血を伴うので産後は一時的に血液が不足します。

その影響により目の周辺の毛細血管まで血液がまわらず、血流が悪くなって眼精疲労が増す…ということになります。

出産にかかる時間や出血には個人差があり、陣痛・分娩時間が長く、出血が多いとその分疲労もたまりやすくなります。

どのような症状が出る?

産後の疲れが「目」に出る場合、どのような症状が出るのでしょうか。目が痛い、充血する、かすむ、まぶしく感じる…など人によって感じ方は違います。

また、目の疲れから頭痛、肩こり、吐き気にまで及ぶ場合もあります。目を使うということは「脳」を使っていることになり、交感神経が活発になって興奮状態となります。

よく深夜にスマホをみていると眠れなくなる…と言われますが、「目」から興奮状態となって「休めない」状態になってしまうのです。

「産褥期」をしっかり休むことで目の疲れも自然に治っていきますから、まずは目を休めることが大切です。

目を使う機会が増えている

産後は身体を回復させるためにしっかり休むことが大切ですが、それは「目」についても言えることです。最近はSNSの普及により目を使う機会がぐんと増えました。

産後に写真をとってSNS上で報告をする女性も少なくありません。嬉しくて伝えたい気持ちはわかりますが、目から入る情報は刺激が強く、これでは「目」を休める暇がありません。

産褥期はPCやスマホ、テレビなどからなるべく離れて、ゆったりと過ごすことをおすすめします。

目の休ませ方とは?

スマホなどからなるべく離れて過ごす上で、目の休ませ方としては「温める」ことも一つの手です。目を温めることで血流をよくすることが大切です。

スポンサーリンク