子供の弱視を早期発見しよう!原因や治療法について

メガネと赤ちゃん

子どもでもめがねをかけている子っていますよね。それは、もちろん目が悪いからです。めがねをかけている子どもたちは、早期のうちに弱視が分かったらめがねをかけることによって目の矯正をしてあげることができます。

子どもの目は早いうちから治療をすると治る場合が多いです。今回は子どもの弱視早期発見につなげなれるようにと弱視についてまとめてみました。

スポンサーリンク

視力機能の発達

生まれたばかりの赤ちゃんは、およそ0.01くらいの視力しかありません。生後3ヶ月になると0.1になり6ヶ月では0.2くらいの視力になっていきます3歳までには視力は急速に発達し、0.6~0.9になり、5歳では1.0以上となりしりょくは成熟します。

ですので、3歳児健診で視力がきちんと発達しているかどうかをチェックして、異常を発見するすることはとても大切になってきます。

また、わらしたちの目は2つあり、両方の目で物を立体的に見ています。片目だけでものを見ると遠近感が悪くなりますよね。このように両方の目で物を見る機能を両眼視機能といいます。

この両眼視機能も成長とともに発達していくのです。この両目眼視は視力の発達よりも早期に発達していきます。遅くても2歳までに両目で同時に物を見る機会がなかった場合は両目眼視の機能は得られないといわれいるのです。

弱視って何?弱視の原因ってなに?

弱視とはいったいどのようなことを指すのでしょうか。それは、視力の発達する生後すぐから5,6歳の期間に、目の病気・異常・けがなどがあり、ものをくっきり見ることが上手に出来なくなり視力の発達が遅れてしまうことがあります。

それを弱視というのです。弱視は4つに分けることができます。片目だけが内側や外側に入ってしまう斜視です。寄ってしまうほうの目では物を見ていないのです。

次に片方の目だけに強い遠視や乱視になってしまいぼんやりと物が見える不同視というものがあります。両目に遠視や乱視がある場合は屈折性弱視で、まぶたがいつも下がっていて黒目を覆っていたり、眼帯で目を覆っている場合にその目に光が入らないと視力が発達しない形態覚遮断というものの4つにわけることができます。

弱視の早期発見するためには

弱視になっている目は、生まれてからずっとものをみていないか、あるいはピンボケの状態ですごしています。両目が弱視の場合には、テレビや絵本をとても近づいてみたり、目を細めたりすることがあります。

スポンサーリンク