1歳半から遊ぼう!レゴデュプロのコンテナシリーズ

レゴブロック

子どもにはブロック遊びそさせると脳の働きがよくなるといわれています。学校の授業にもブロックを使った時間割が含まれているところもあるくらいなのです。

そんなブロックで有名なレゴジャパン。レゴのブロックには1歳からでも安心して遊べるものがあります。今回はそんな1歳半から遊べるレゴジャパンのブロックについてまとめました。

スポンサーリンク

レゴデュプロとレゴブロックの違い

まず、レゴデュプロとレゴブロックの違いを紹介していきます。もちろん両方ともLEGOから販売されている商品です。

レゴブロックは皆さんがすぐに想像できるもので、一つのパーツが指の上に乗るくらいのものですよね。それに対して、レゴデデュプロは1歳半からでも遊べる大きいブロックです。

デュプロはレゴブロックに比べると縦・横・高さがそれそれ2倍になっています。小さいこの誤飲を防げるようになっています。

そして、デュプロのやや厚いパーツはパーツ裏にポッチをつける部分ことが出来ます。またポッチに穴があるので、レゴブロックと合わせても遊ぶことができるようになっているのです。

薄いプレート(基礎板)はツルツルしているのでポッチはつけることは出来ない仕様になっています。

デュプロは赤ちゃんでも掴みやすい大きさ

赤ちゃんの手でも掴みやすく、組み合わせたり外したりがしやすい大きなサイズのデュプロブロック。動物や人形がセットになっているみどりのコンテナは基本的なものが入っており、小さいものですと約4000円ほどで購入することが出来ます。

手先が器用になり、くみたてる遊びが出来るようになる1歳6ヶ月の赤ちゃんにはぴったりのおもちゃです。大きさがレゴブロックの2倍なので、なんでも口に入れてしまう赤ちゃんにとって、誤飲の心配がないのはママにも嬉しいポイントですね。

遊び方にマニュアルはなく、赤ちゃんのアイデアしだいでオリジナルティーあゆれる作品が出来ること間違いなしです。

子どもにも色が分かりやすいビビットカラー

赤ちゃんが見やすいように、ブロックや人形には赤や黄色、青、緑色などのカラフルな原色を使用されています。1歳6ヶ月未満でまだブロックを上手に組み立てられなくても、はっきりとした色合いとシンプルな形になっています。

スポンサーリンク