甘く見てない?意外と怖い「子供のいびき」

寝る子供

子供は基本的に「毎日いびきをかかない」って知っていましたか?実は、子供が毎日いびきをかいてしまうのはとある病気の疑いがあるからかもしれません!

今回は、子供が毎日いびきをかいているようなら注意しておきたい病気についてご紹介します。ぜひ自分のお子さんに当てはまるかどうか、チェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

子供の「いびき」が起こる原因

子供のいびきの大きな原因の多くが「扁桃腺の肥大」によるものです。扁桃腺とは、口を大きく開けた際にのどちんこを中心として、両脇にある部分のことを指します。

ここが腫れてしまうと普通ならばスムーズに入るはずの空気が、入らなくなってしまうのです。口からの息が入らなくなってしまうのですから、

次第に子供は無意識に鼻で呼吸をしようとしますよね?こうして寝ている最中に鼻で息をしようとすると、「いびき」が起こったり「無呼吸」になってしまうのです。

しかし、全員のいびきがこの扁桃腺の腫れによるものではありません。扁桃腺の腫れ以外にも、十分な睡眠がとれていなかったり、鼻炎などの鼻の疾患がいびきを引き起こす原因になっているとも言われています。

「睡眠時無呼吸症候群」とは?

「睡眠時無呼吸症候群」という言葉をご存知でしょうか?一般的に、大人が睡眠時に無呼吸になってしまう症状のことをいいます。

大人の場合は肥満など、気道が圧迫されて呼吸が困難になってしまうケースが多いのですが、子供の「無呼吸症候群」の大半は扁桃腺の腫れが原因で起こってしまいます。

この症状が出てしまった子供は十分な呼吸ができずに夜間に苦しそうにしていたり、寝つきが悪くなってしまいます。

スポンサーリンク