いつまで続く?咳で出ちゃうのは病院にいくべき?産後の尿漏れの原因と対策

横たわる妊婦

出産により女性の身体は大きく変化しますが、産後の「尿漏れ」についてお悩みのママは意外と多いのではないでしょうか。

妊娠により体重が増加したり、妊娠線が消えなかったり、赤ちゃんのお世話で自分の身だしなみにも気を使えない…そんな中で、さらに追い打ちをかけるように「尿漏れ」するようになってしまった…となると、女性としても悩んでしまいますよね。

今回は産後の尿漏れの原因や対策についてまとめてみます。

スポンサーリンク

どうして尿漏れするの?

尿漏れが起こるのは、妊娠・出産により骨盤底に負担がかかり、「骨盤底筋」という筋肉が緩んでしまうことによります。

伸びきったゴムのように下にたわんでしまうのです。骨盤底筋がしっかりしているときは、「尿道括約筋」を収縮させることができ、きゅっと締まるためトイレ以外で排尿することはありません。

けれど、妊娠中は大きくなっていく子宮に膀胱が圧迫されたり、また分娩時に骨盤底筋が傷ついてしまうこともあります。

妊娠・出産による骨盤底への負担から、どうしても妊娠中~産後も尿漏れが起こりやすくなってしまうのです。他の原因としては、授乳中に水分を摂りすぎていることも考えられます。また、妊娠中に太りすぎてしまった場合も尿漏れのリスクが増えると言われています。

いつまで続くの?

個人差はありますが、産後3~4か月で膀胱と子宮の位置が元に戻れば治ると言われています。早い人であれば1~2か月で改善されるようですが、逆に尿漏れを放置した結果、産後3年経っても治らない…などという人もいます。

また、卒乳し、月経が再開するころに自然治癒するというデータもあります。あくまで目安であり個人差がありますから、気になる場合は産婦人科や泌尿器科を受診しましょう。

産後の尿漏れ対策は?

産後の尿漏れ対策としては、まずは何よりも「骨盤底の回復」が大切です。

産後、身体が回復もとに戻るするまでの期間のことを「産褥期」と言いますが、この1~2か月の産褥期の過ごし方によって回復具合が変わってきます。骨盤底に限らず、産褥期は身体を休める時期ですからできるだけ横になって休みましょう。

スポンサーリンク