子育てに失敗したと感じないために注意したいことと対処法

子供たちを抱きしめる母親

子供を一生懸命育てているママさんたち、今無意識にやっているその子育てが将来「子育てを失敗した」と感じることに繫がってしまうかもしれません。

「何でこんな子に育ってしまったの?」「どうして一生懸命に子育てをしているのに伝わらないの?」「どうして?」子供が大きくなったときにそんな後悔ばかりが押し寄せたらやり切れませんよね。

そこで今回は、子育てに失敗したと後悔しないために気を付けたいことをご紹介しましょう。今無意識に言っているその言葉が子供を傷つけているのかもしれませんよ?

スポンサーリンク

○○したからお利口

子供を褒めるとき「○○したからお利口だね」という褒め方をしていませんか?

「お片づけできたからお利口」「残さず食べたからえらい」「言うことを聞いてくれたからうれしい」そのような褒め方ばかりをしていると、子供によっては「ちゃんとしないと愛されない」「いい子にしていないとお利口じゃない」と思うようになります。

つまり母からの無条件な愛というのを感じられなくなってしまうのです。特に、いいことをしたときだけ褒めたり、その行動だけを褒めてしまう場合はその思いが顕著に現れます。

また、子供によっては「ちゃんとできなかった自分は悪い子なんだ」「いい子にしていないからママに愛されないんだ」と、歪んだとらえ方をしてしまいます。

そのような子供の心理に陥らせないためにできることは、子供が一生懸命行ったことを褒めてあげることです。「掃除したからお部屋が綺麗になったよ!ありがとう」「好き嫌いせずに食べられたから大きくなれるね」「一生懸命やろうとしている○○はすごいよ!」「一生懸命連したけど負けちゃったね。

でもいっぱい頑張った○○はお利口だよ」など、何かを頑張っていることに対して認めて褒めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク