【産後の腹筋】腹筋を割りたい!やり方に注意点はある?いつからOK?

赤ちゃんと運動する女性

妊娠~出産で増えた体重を元に戻したい!と思うママは多いですよね。たとえ妊娠中の体重増加を最小限に抑えられたとしても、産後のお腹まわりは産前と同じ状態ではありません。

パンパンに張っていたお腹の皮膚が、赤ちゃんがいなくなったことでたるんでしまうので無残なことに…。

少しでも早くお腹を引き締めたいママのために、今回は産後にお腹まわりを引き締める方法や注意点についてまとめてみます。

スポンサーリンク

産前の体型に戻すためには?

妊娠、出産を経て女性の身体は大きく変化します。大きくなった子宮やたるんだ皮膚を戻すのはある程度自然まかせにするしかありませんが、妊娠によって蓄積された脂肪は自力でケアしないとなかなか元には戻りません。

中でも最も脂肪がついてしまうのがお腹・おしりまわりです。また、妊娠中は運動ができないため腹筋そのものが弱くなってしまっています。産前の体型を目指すためには腹筋を鍛えなおす必要があると言えるでしょう。

産後の腹筋はいつからはじめる?

すぐにでも腹筋してお腹をひきしめたいと思うかもしれませんが、産後6~8週間は「産褥期」といって、出産によるダメージから身体を回復させる期間になります。

この時期はとにかく身体を休めることが大切です。産褥期に無理をしてしまうと子宮の回復が遅れ、悪露が長引いてしまったり、更年期になったころまで症状の出方に影響があるとも言われています。

一か月検診の際に子宮の戻りなどを確認したうえで、自分の体調と相談して徐々に始めるのがよいでしょう。帝王切開、高齢出産、難産だった人はなおさら注意が必要です。

どんな腹筋の方法がある?

産後にできる腹筋運動にはどんなものがあるのでしょうか。学生が運動部で行うような筋トレは、時間も体力もない産後のママには不向きです。負担の少ない腹筋運動をご紹介します。

  • 仰向けに寝て、軽く膝を曲げて立てます。足はこぶし二個分くらい開きましょう。
  • 首を持ち上げ、お臍を見るような気持ちで体を起こします。このまま5秒キープです。
  • ゆっくり体を元に戻します。これを5回繰り返します。その際に勢いをつけるのではなく、ゆっくりと行いましょう。

ついた脂肪を落とす・腹筋を鍛えるためには、しっかりとした腹筋を何回もするよりも、ゆっくりと腹筋に力を入れるような運動が効果的です。

他にも、おへそにぐっと力を入れ、お腹をぐっとへこませる。その状態を30秒間キープし、その後力を抜く。これを数回繰り返すといった簡易バージョンもあります。

ながら腹筋運動でも効果あり

身体にとって腹筋がよいことはわかっていても、赤ちゃんのお世話や家事に追われる日々の中で本格的なエクササイズや腹筋運動をするのはなかなか難しいものですね。

スポンサーリンク