小さなものの命も大切に!子供に命の大切さを教える方法

犬と子供

子供は遊び半分で虫や動物にちょっかいを出してしまうことがありますよね。子供に小さい生き物の命の大切さを教えるのは、とても難しく感じてしまいませんか?子供にしっかりと命の大切さを教えるためには、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

意外と伝わりにくい命の大切さ

小さい子供にとって、命というものはなかなか理解できないものです。人間の死に関しても小さい頃はまだはっきりと理解できていない子供がとても多いです。そんな中子供に命の大切さを教えるのは、とても難しい事ですよね。

大きくなってくると、段々と命について理解してくるようになります。しかし、その命を大切にする、ということがどこまでになるかに関しては、親の教育法次第になってくるかもしれません。

人間の命の重さについては理解できても、平気で虫を踏みつけてしまうような子供もいます。思いやりのある人間に育ってほしいと思っているのであれば、虫であれ小さな命も大切にする心をしっかりと教えていく必要があります。

命の大切さを教える方法1.生き物と触れ合う

子供に命の大切さを教える方法の1つ目は、生き物と触れ合う時間をたくさん作るということです。子供にとって生き物が身近な存在になればなるほど、命の重さについて理解しやすくなります。

動物を飼うことができる家庭であれば、育てていく上で命の大切さを理解させるようにした方が良いでしょう。

もし動物が買えないような家庭だったとしても、虫や鳥、魚などいろいろなものに見て触れる機会をたくさん作ってあげましょう。自分と違っていても生きていること、同じくらい大切にしなくてはいけないことを、小さいうちから教えてあげることがとても大切になります。

命の大切さを教える方法2.本で教える

命の大切さを教える方法の2つ目は、本で教えるという方法です。命というものは、なかなか意識させる機会がありません。だからこそ、物語の中で理解させるという方法もあります。

絵本の中で動物をベースにしていたり、虫をベースにしていたり様々なものがあります。その中でも、命の大切さについて書かれている本はたくさんあります。小さい頃から本の世界の中でも、しっかりと命について考えていれば、だんだん命の大切さを理解してくれるはずですよ。

命の大切さを教える方法3.食事中に教える

命の大切さを教える方法の3つ目は、食事中に教えるという方法です。私たちは肉や魚を食べて生活していますよね。それは少なからず生き物の命の犠牲の上にあるということになります。

スポンサーリンク