自分の意見を言えない子供…。その原因と対策は?

口を塞ぐ子供

自分の子供がなかなか自分の意見を言わないということで、悩んではいませんでしょうか?自分の意見を相手に伝えるということは、とても大切な事です。しかし、それがなかなかできないと感じている子供は増えてきています。

子供が自分の意見を言わなくなってしまった原因と、その対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

自分の意見が言えない原因1.興味がない

自分の意見が言えない原因の1つ目は、そのことに対して興味がないということです。最近の子供に増えてきているのは、自分以外のことに興味が持てないということです。

自分の意見が言えないと周りは感じているのかもしれませんが、言おうとしないといった方が正しいでしょう。

現代の子供達の中には、そういった無気力な性格を持っている子供が多いです。そのため自分の意見を他人に行っても仕方ないと思っているようなケースが多いです。これは育った環境が影響していることが多く、普段から親に意見を言っても無駄だと感じているようです。

今まで過去に話を聞いてもらえなかった経験から来ている可能性が高いです。そう言った場合は、自分の意見が言えない子供になってしまう場合が多いです。

自分の意見が言えない原因2.引っ込み思案

自分の意見がいない原因の2つ目は、引っ込み思案な性格をしているということです。元々性格が前に出るようなタイプではない場合は、周りに圧倒されてしまい、自分の意見を言うタイミングを失ってしまうようなことがあります。

本来であれば自分の意見を言おうと思っているにも関わらず、周りの人に押されるような場だと、どうしても自分の意見が言えなくなってしまいます。

スポンサーリンク