キレやすい子供の原因は食生活かも?心と食事の関係性

怒った表情の赤ちゃん

最近子供の口が悪くなった、早すぎる反抗期かもしれないと、悩んでしまうことはありませんか?

子供が最近イライラしやすくなったり、荒れやすくなったり感じたら、それはもしかしたら食生活が関係しているかもしれません。子供の食事と心の関係性についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

現代の子供がキレやすいのは食生活の偏りが原因

現代の子供達は、昔の子供達に比べて、非常にキレやすい性格になっているといわれています。年上の人に口答えを当たり前にするような子供もいれば、犯罪に手を出してしまうような子供も出てきています。

過去を見てみても、子供がキレやすくなったといわれるようになったのは、ここ最近の話なのです。なぜここ最近になってこれほど子供がキレやすくなったのかというと、大きくは食が豊かになったということが関係しているようです。

食が豊かになったということは、たくさんの物を選択できるようになったということです。毎日が新鮮でおいしいご飯を食べることができるようになった反面、美味しすぎて体に悪いものもたくさん出てきていますよね。

少年犯罪に関わるような子供のほとんどは、食生活が乱れているといわれています。最近では朝食を抜く子供たちが増えていますが、それも1つの原因だと言われています。

さらに好きな食べ物といえば、甘いお菓子屋カップラーメン、砂糖たっぷりの炭酸飲料やアイスクリーム、野菜をほとんど食べずに肉ばかりを食べているような子供も少なくはありません。

食が乱れるとなぜイライラするのか

子供達の食生活が乱れると、なぜイライラするようになるのでしょうか?まずは糖分の過剰摂取による低血糖状態です。糖分をたくさん摂取すると、ビタミンB1の力によって代謝されます。

スポンサーリンク