子供が軽いけがをしたらどうする?処置方法と通院のボーダーライン

子供の絆創膏を貼る女性

子供はある程度大きくなってくると、外で走り回ることも多いですよね。そこで擦り傷を作ってくることも多いはずです。

今回はそんな子供が怪我をした時の正しい対処法についてご紹介します。また、病院に行った方が良いボーダーラインについてもご紹介します。

スポンサーリンク

子供に最も多いけがは擦り傷

子供のけがで最も多いのは、擦り傷です。走り回ることの多い子供は、特に転ぶ回数も少なくないはずです。ふいに転んでしまって、傷を作って帰ってきた場合、親としてはどう処置をしてあげていましたか?

子供のけがの処置方法として、ポピュラーとされているのが消毒液を使った消毒です。しかし、実際にはそこまでしなくても良いとされているようです。

擦り傷の正しい処置方法は、まず水で砂や泥を洗い流しましょう。傷口が綺麗になったら乾かして絆創膏を貼るだけでOKです。

傷口はなるべく乾燥させた方がいいといわれている時代もありましたが、余計に直りが遅くなってしまう可能性があるようなので、シンプルに絆創膏だけの処置でOKのようです。

病院に行くボーダーラインは?

子供が擦り傷を作って帰ってきた場合、普段は自分で処置してあげることも多いかと思いますが、実際に子供がけがをして病院に連れて行った方がいいのは、どこにあたるのかそのボーダーラインは気になるところですよね。

擦り傷の場合は、砂や泥などが傷口に入って取れない場合です。そのまま放置しておくと菌が入り込んでしまう可能性があるので、そういった場合は医師に任せた方が良いでしょう。

さらに傷が残ったら嫌な場所にけがをしてしまった場合も、病院に行った方が良いでしょう。もし自分の処置が正しくなかった場合、一生残る傷になってしまう可能性もあるので、場所によって病院に行くか行かないかを決めても良いでしょう。

スポンサーリンク