子供が食事中にじっとしないのを直したい!原因と対策について

食事をする子供

ある程度大きくなると、子供はずっと動き回っていてじっとする暇もあまりありませんよね。更に食事の時もじっとしないで遊ぼうとするような姿は、ママとしては直したいものです。

子供が食事中にじっとしない原因とその対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が食事中にじっとしない原因1.お腹が空いていない

子供が食事中にじっとしない原因の1つは、お腹が空いていないということです。もしかしたら、食事の前におやつを上げたりしていませんか?もしかしたら、おやつでお腹がいっぱいで、気が乗っていない可能性があります。

さらに食事の時間がいつもバラバラだと、お腹の空き具合にもばらつきが出てしまいます。お母さんがご飯を作った時間にお腹が空いているとは限らないので、食事に飽きてしまっている可能性があります。

子供が食事中にじっとしない原因2.気が散っている

子供が食事中にじっとしない原因は、食事に集中できていないことです。子供がじっとしているからと、テレビやスマホを見せながら食事を取ってはいませんか?

確かに最初は効果的なのですが、食事に集中できない環境になれてしまうと、どうしてもじっとしていられなくなってしまいます。他のことに気を取られていると、食事の進みが悪くなり、たくさん食べる前に食事が飽きてしまう可能性が出てきます。

食事をする環境を見直してみる必要もありそうですね。

子供が食事中にじっとしない原因3.食事が楽しくない

子供が食事中にじっとしない原因は、食事を楽しめていないということです。食事は美味しい物を食べる時間で、とても楽しい時間のはずです。しかし、子供が食事を楽しめていない場合は、どうしても他のことをしたくなってしまいます。

遊び盛りの子供にとって、食事よりも遊びを優先したくなってしまう気持ちが強いので、どうしても楽しいことを選んでしまっています。子供は親が思っている程、食事に積極的じゃないかもしれません。

子供をじっとさせるには?

子供にじっとして食事を取らせるためには、食事に興味を持ってもらうことが大切です。そして、食事は楽しいものだということを意識してもらう必要があります。

まずは食事の時にママやパパが笑って、楽しそうにするということは必須です。親が楽しそうにしていれば、子供も自然と楽しいと感じてきます。食事は楽しい事なんだと実感することが最初のステップになります。

スポンサーリンク