困ってない?他の人の物を欲しがる子供の対処法

おもちゃを取り合う子供

子供が友達と同じものを欲しがることで、悩んではいませんか?お友達と遊ぶと必ずと言っていいほど、同じものを欲しがり駄々をこねられると本当に困りますよね。

子供はなぜあれほど他人の物を欲しがるのでしょうか?子供の心理と対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

他人の物を欲しがる心理

子供が他人の物を欲しがる心理は、競争心が出てきているからです。これは成長の明かりでもありますね。他人の物をうらやましく思うからこそ、自分が欲しいと思っているというわけではありません。

子供は自分の物と他人の物の区別がつきません。だからこそ他人の物を自分の物だと思い込んでしまうところがあります。そのため、相手の物を欲しがってしまうのです。

さらに、子供は友達と遊ぶとなると、同じものを持っていないと遊べないと思っています。友達と一緒に遊ぶには、同じものがないと遊ぶことができないから欲しいと思うのです。

子供はまだ他人のことを客観的にみるということができないので、同じでなくてはいけないという気持ちが働きます。だからこそ、どうしても他人の物を欲しがってしまうのです。

子供が愛情不足に感じている場合も

子供が他人の物を欲しがったり、奪ったりするようなことがあれば、もしかしたら愛情不足が原因となっている場合もあります。欲しいわけではないのに、親のことを困らせて構ってもらおうと思って、そういった手段に出る時もあります。

子供は自分の気持ちを素直に表現する手段を知らないので、こういった行動でSOSを出していることもあります。普段あまり遊べていない、甘えさせていない場合は、それ以外のことで自分の方に目を向けようとします。

もし最近子供のことを構っていなかったと感じているのであれば、一度振り返ってみましょう。

他人の物を欲しがった時の対処法

子供が他人の物を欲しがった時、どうしたらいいのか迷いますよね。まずは、子供が他人のおもちゃを横取りしようとした場合を考えてみましょう。この時はしっかりと、人の物を勝手にとってはいけないことを説明しなくてはいけません。

スポンサーリンク