初めての保育参観でやってはいけないこと!恥ずかしい親にならないために

幼稚園の教室

子供のはじめての保育参観は、どんな雰囲気かわからずに緊張しますよね。たくさんの親が集まるからこそ、できるだけ恥ずかしい行動はとりたくないはずです。

そんな保育参観の時に気をつけるマナーについてご紹介します。恥ずかしい親にならないために、やってはいけない行動についてまとめてみました。

スポンサーリンク

保育参観の親は子供も見ている

保育参観に始めていくという場合には、どんな空気感なのか気になりますよね。保育参観は基本的にいつもの授業にお邪魔しているというスタンスなので、親が前に出ることはNGです。そして、そんな親の様子を子供達は見ています。

子供にとって保育参観というのはワクワクした気持ちもあります。親に見てもらえるというのは、安心感があります。子供のお手本になるような行動を常に気をつけていかなくてはいけません。

子供は大人しくしているのに、大人がうるさくして先生に怒られていたら、子供のお手本にはならないので、そういったことを意識しましょう。

知り合いがいても会釈程度にする

子供の保育参観に、知っている親御さんがいると、どうしてもその場でお話ししたくなってしまうものです。いくら空気が張り詰めていない場だとしても、保育参観中に話し込むのはやめにしましょう。

小声お話しているとしても、周りからすると迷惑に感じることもありますし、先生が見ている可能性もあります。

今日の目的は知り合いのママと話すために来たのではなく、子供の保育園での様子を見に来ているだけです。だからこそ、参観中はいくら知り合いで親しい人だとしても、話し込まないのがマナーですので、注意しましょう。

もしも知り合いと話がしたいのであれば、教室の外に出て話すか、終わってから時間を取って話すようにしましょう。

携帯をいじるのはNG

子供の保育参観中に堂々と携帯をいじる人がいます。それは特に悪気があるわけではなく、普段の何気ない待ち時間と同じだと考えているからです。これはマナーとしてはNGです。

スポンサーリンク