子供に金銭感覚を付けさせるのはいつから?その方法と考え方

貯金箱と親子

子供の金銭感覚は、小さなころから養っておいた方が良いとされています。子供の金銭感覚を付けさせるには、どのタイミングが良いのでしょうか?

また、子供に金銭感覚を教える方法と、親の考え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供に金銭感覚は必要?

子供に金銭感覚というものは、必要なのか迷いどころですよね。金銭感覚や経済観念は、大人になってつければいいと思っている人も多いかもしれませんが、小さい頃からお金について考える機会があるというのは、大人になってからも役に立ちます。

小さい頃からお金に無頓着な子供だと、将来の仕事への期待や夢の見つけ方にまでかかわってくる可能性があります。お金の価値がわからない子供に育ってしまうと、一生親の元で生活しようと思ってしまう可能性もあります。

子供に早くから金銭感覚を覚えさせることは、とても有意義なものになるはずです。

子供の金銭感覚を養うタイミング

子供の金銭感覚を養うタイミングはいつ頃が良いのでしょうか?子供の自立心が育まれている小学生入学ごろからがちょうどいいです。

小学校に入学すれば、たくさんの人とのかかわりもありお小遣いも与えるようになりますよね。だからこそ、このタイミングで金銭感覚を養ってあげると良いでしょう。

まずは、お金は労働の対価で与えられる物であるという認識を持つべきです。それを小学生の子供に教える方法としては、お小遣いになります。

段々と小学生になるとお小遣いを与えようか考えている人が多いと思います。このタイミングで、労働の対価として、お金をあげるようにすることで、お金がどれくらい大切なものかがわかると思います。

スポンサーリンク