なぜ同じことを繰り返すの?いくら言っても子供が反省しない理由

母親に怒られる子供

子供に何度言っても反省しないことってありませんか?その場ではわかったふりをしていても、実際には全く反省していないこともありますよね。

子供がなぜ反省せずに同じことを繰り返すのでしょうか?その理由と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が反省しない理由1.大事に感じていない

子供が反省しない理由の1つ目は、親が怒っているということに慣れて、自分の意見を優先している場合です。ある程度物事がわかってくると、自分のやりたいことが出てきます。それが良い事だと褒められるのですが、悪い事だと叱られてしまいますよね。

子供にとってそれが良い事でも悪い事でも、自分がやりたいと思ったことをやることは、子供にとっては悪ではないのです。

親に何を言われたとしても、子供にとっては自分のやりたいことを優先したいのです。親に怒られるということ自体は、あまり良い事ではありません。しかし、それが悪だとしても続けてしまうのです。

これは最初の段階でももう少し丁寧に子供に説明しておくべきだったのです。子供は1度許されると、それは良い事だと感じます。そしてそれを繰り返し行うようになるのです。

なぜそれがだめなのか、しっかりと理由を付けて最初に説明していれば、もしかしたら繰り返さなかったかもしれません。

子供が反省しない理由2.親の気を引きたい

子供が反省しない理由の2つ目は親の気を引きたいと思っている場合です。子供はまっすぐに愛情表現をしてくるときもあれば、違う方法で愛情表現をしてくることもあります。

親にとってはありがた迷惑になってしまうこともありますが、怒られるようなことをすれば、絶対に自分と向き合ってくれるとわかっているからこそ、あえて怒られるようなことをしている可能性があります。

スポンサーリンク