子供に最低限教えたい!小さい頃からやるべきマナーのしつけ

HELLO!の文字を持った子供

大人になってマナーがなっていないといわれ、恥ずかしい思いをしたことはありませんか?自分の子供には、そういったことを言われないように育てたいですよね。

子供のうちに最低限教えておきたいマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供に教えておきたいマナー1.挨拶をする

子供に最低限教えておきたいマナーの1つ目は、挨拶をするということです。大人になってから最も見られているマナーは、挨拶です。自分から元気に挨拶ができるような人は、会社でも好印象になりますよね。

しかし、大人になっても小さい声でしか挨拶をしなかったり、相手が言うまで何も言ってこなかったりしますよね。大人でもそれはさすがに恥ずかしいです。

挨拶を元気に大きな声でするということは、小さい頃から教えておくべきです。小さい頃だけに教えるだけでは、少し大きくなると恥ずかしさで忘れてしまう可能性もあります。できるだけ社会に出るまでしっかりと言い聞かせるようにした方が良いでしょう。

子供に教えておきたいマナー2.感謝と謝罪を伝える

子供に教えておきたいマナーの2つ目は、感謝と謝罪はしっかりと伝えるということです。子供のうちから自分が悪い事をしたら謝る事、誰かに何かをしてもらったら感謝を伝えることをしっかりと教えていきましょう。

これは生きていく上でとても大切な事です。会社だけでなく人間関係にも大きくかかわってくるので、ありがとうとごめんなさいという気持ちは、素直に伝えるように言い聞かせて育てていきましょう。

子供にも思春期や反抗期があるので、素直に感謝と謝罪を伝えることができない時期も来るかもしれませんが、小さい頃からしっかりと言い聞かせるようにすると、大人になっても素直に伝えることができるはずです。

子供に教えておきたいマナー3.食事の挨拶

子供に教えておきたいマナーの3つ目は、食事の際の挨拶です。食事を食べる前の頂きますと、食べた後のごちそうさまは言えるように育てていった方が良いでしょう。

スポンサーリンク