子供が整理整頓できない!原因と整理整頓が得意になる方法

散らかった子供部屋

子供の学校のロッカーや机の中がぐちゃぐちゃ、自宅の教科書も散乱してる…。自分の子供が整理整頓できない人間に育ったらどうしますか?子供が整理整頓が苦手になってしまう原因は、一体何なのでしょうか?

さらに子供が整理整頓が得意になるための対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が整理整頓できなくなる原因

子供が整理整頓できない原因の1つは、やり方がわからないということです。今まで子供のお世話は親がしてきたと思いますが、その中で片付けや整理整頓について、教えてあげたことはありましたか?

子供が小さい頃から、おもちゃを散らかしたら親が片付ける、服を脱いでも親が片付ける、そんな生活を繰り返してきてはいませんか?子供は小学生くらいからは、自分の手で整理整頓できる能力を、だんだんと身につけていかなくてはいけません。

しかし、まだ子供だからといって、親が子供の世話を何から何までする生活を続けてしまっては、どうしても片付ける方法がわからなくなってしまうのです。

また、親が片付けや整理整頓の仕方がわからない人だと、子供も同じように育ってしまいます。この連鎖はどこまでも続いていくことになってしまうので、なるべく早めに断ち切った方が良いでしょう。

子供に整理整頓をさせる工夫1.入れ物を配置する

子供に整理整頓をさせる工夫の1つ目は、入れ物を設置してあげるということです。今まで全く整理整頓ができなかったような子供に対して、高度な整理整頓技術を求めても、挫折してしまいます。

まずは子供がトライしやすい仕分けからやらせてみましょう。まずは学校から帰ってきた時のランドセルの整理からしましょう。ランドセルからいったんすべての物を出させます。

ランドセルの中身をチェックさせて、お知らせのプリントなど、大事な物を入れるファイルなどを準備して、わかりやすく『ママに渡すもの』と書いてあげましょう。

スポンサーリンク