子供との会話が減少している…。今まで見たいに会話をする方法は?

イヤホンをしてスマホを触る子供

子供が大きくなってくると、だんだん話す機会が少なくなってきていると、寂しい思いをしてしまうことってありますよね。

子供と会話をする機会が減ってきてしまうのは、一体何が原因なのでしょうか?子供と今まで見たいに会話を楽しむための工夫についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供との会話が減るのは思春期のせい

今までは学校であったことをたくさん報告してくれていたのに、最近では全く報告してくれないどころか、会話も少なくなってきていると、親の立場からするととても寂しく感じてしまいますよね。子供との会話が少なくなってしまう原因は、思春期です。

思春期になると今まで以上に色々な事に興味を持ち、さらに友達や異性というように家族以外の繋がりを大切にするようになります。

今までは家族との会話が楽しいと感じていた子供達も、思春期に入ると友達と話している方が楽しいと感じるようになります。そして、何となく恥ずかしさも芽生えてくる頃なので、どうしても会話が減ってしまいます。

子供との会話が減るのはスマホの普及のせいもある

子供との会話が減るのは、スマホが普及しているせいでもあります。少し前までは、携帯といえばメールや電話の為だけに使うものでしたが、最近ではそれ以外の使い方がたくさんできるようになりましたよね。

だからこそ子供達は、1人でも十分楽しく遊べるようになってしまったのです。今までであれば一緒にテレビを見て、会話を楽しんでいたような所も、スマホを持つようになってからはどうしてもスマホにばかり気がいってしまって、家族での会話を楽しむことができなくなっている人が増えてきています。

子供との会話を増やすためには

子供との会話を増やすためには、一体どうしたらいいのでしょうか?まずは週に1度でもいいので家族そろって食事をしながら、会話を楽しめるような時間を作った方が良いでしょう。

自宅でもいいですし、外食でも良いと思います。ご飯を食べ終わるまでの時間となると、子供は急いで食べて会話を避けてしまう可能性も出てきます。そういったことを避けるために、外食をするという方法もありです。

スポンサーリンク