子供の口呼吸の危険性と予防法とは?原因と治し方

寝る子供

子供がいつも口を開けていると感じたら、それは口呼吸をしているサインと言えます。通常鼻で呼吸をしますが、子供の中には口呼吸が癖になっている場合もあるようです。

その原因には様々なことが考えられ、予防する方法ももちろん存在します。そこで、口呼吸をすることで引き起こる体への支障と、効果的な予防法をご紹介します。

スポンサーリンク

口呼吸による歯への影響とは?

口呼吸が癖になると、歯への影響があることで知られています。その主な影響とは、虫歯になりやすい、歯周病になりやすい、歯に汚れが付きやすい、出っ歯になりやすい、などがあります。

その原因には、口呼吸による口内の乾燥や、唾液が減ることによる最近の増加などがあります。それらが影響して、口臭がきつくなることも。

初期の虫歯は唾液によって改善されるので、虫歯になりやすくなるという危険性もあります。口呼吸にはこのように、様々な歯への影響があります。さらに、歯以外への影響も多く存在します。

口呼吸によるその他の影響とは?

口呼吸によるその他の影響として、睡眠時無呼吸症候群になりやすい、風邪やアレルギーになりやすい、などがあります。

口呼吸をすることで、ウイルスが直接喉や気管に入り込みます。それが原因で喉を痛めることが多く、風邪やアレルギーといった症状を引き起こすことも。

さらに、顔全体の印象がぼんやりとしてしまう、といった影響もあります。その原因としては、口呼吸は鼻呼吸に比べ上唇周辺の筋肉を使わないことが考えられます。

するとその周辺の筋肉が緩み、顔全体の印象に影響がある場合も。では、口呼吸の可能性がある子供の特徴を見ていきましょう。

口呼吸をしている子供の特徴とは?

口呼吸をしている子供には、様々な特徴があります。その主な内容としては、いつも口が開いている、鼻が詰まっている、イビキをかく、朝になると喉が乾く、口臭がある、風邪をひきやすい、などがあります。

スポンサーリンク