最近話題のダンスタン・ベビー・ランゲージとは?

泣く赤ちゃん

なかなか泣き止まない赤ちゃんに困ってしまった経験があるお母さん。ダンスタン・ベビー・ランゲージという言葉をご存知ですか?

ダンスタン・ベビー・ランゲージとは、赤ちゃんの5つの泣き方を聞き分けることを言います。赤ちゃんの泣き声を聞き分けることは難しいと思われがちですが、実は簡単に聞き分けることが出来る特徴があります。そこで、ダンスタン・ベビー・ランゲージについてご紹介致します。

スポンサーリンク

赤ちゃんは何故泣くの?

毎日よく泣く赤ちゃんの相手をしていると、なんでそんなに泣くの?と、疑問に思うお母さんも多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが泣くのには理由があり、お母さんになにかを伝えたい時に泣いて知らせる傾向にあります。そのため、赤ちゃんがなにを求めて泣いているのかを聞き分けられたら、お母さんも育児が非常に楽になりますよね。

ダンスタン・ベビー・ランゲージは、赤ちゃんの泣き声を聞き分けることなので、お母さんの役に立つことが考えられます。では、赤ちゃんの泣き方には具体的にどのような種類があるのでしょうか。

Neh、Heh、Eairhの発音の泣き方の意味とは?

赤ちゃんの泣き声には様々な種類があると言われています。Nの音は、赤ちゃんが母乳を飲む時の下の動きからくる発音のため、Neh(ネェ)という泣き方をしている際はお腹が空いていることが考えられます。

Heh(ヘェ)という発音の際は、オムツや汗などで気持ちが悪い時に、お母さんに不快感を伝えるための泣き方です。

Eairh(エァー)という発音の際は、ガスによるお腹の張りや、そこからくる痛みが原因の泣き方です。

Eh、Owhの発音の泣き方の意味とは?

Eh(エッ)という発音はEairh(エァー)と似ていますが、違う意味の泣き方です。赤ちゃんはゲップをするのがまだ苦手なため、お腹の中に空気やガスが溜まり、それをゲップで出したい時に、Ehという泣き方をします。

そして赤ちゃんの泣き方の中でもよく聞くのが、Owh(オォ)という発音です。Owhという発音は、赤ちゃんが眠い時や疲れた時の泣き方です。あくびの際の発音に似ていることから、非常にわかりやすい泣き方と言えます。

スポンサーリンク