騒音、大声、うるさい子供の心理と対処法とは?

メガホンを持つ子供たちと両親

子供がうるさいという苦情が多く寄せられる近年、我が子には出来るだけうるさくしてほしくないというお母さんも多いのではないでしょうか。とはいえ、子供は感情を表現する際に奇声を発したり、普段の生活で騒音を出すことはよくあります。

子供がうるさくする心理とはいったいどのようなことが考えられるのでしょうか。そして、子供がうるさくした際の正しい対処法とは?

スポンサーリンク

子供がうるさい理由とは?

小さい子供は、まだモラルやマナーを知らないのが当たり前です。そのため、公共の場でうるさくすることがいけないことだという認識がなく、自由な行動をする傾向にあります。

そのため、電車やバス、病院、図書館など、静かにしなければならない場所に子供を連れて行く際には、親がしっかりと注意を払う必要があります。

人に迷惑をかけるような行動があった際には、しっかりとわかりやすく教えてあげることで、子供は徐々にマナーを学習していきます。

しかし、最近は高齢化が進み、高齢者を優先にする環境が当たり前になりつつあり、昔に比べ子供に対する世間の反応が厳しくなっています。では、子供がうるさくした際にはどのような対処をするべきなのでしょうか。

子供の気を紛らわす

狭い室内などでも、声のトーンを調節出来ない子供は、大きな声を発します。電車やバスの中で大きい声を出されると、周りの迷惑になってしまいますよね。

そうした場合には、外の景色を見せたり、お気に入りのおもちゃや絵本を見せるなど、子供の気を紛らわすことをおすすめします。

または、お昼寝の時間を調整し、乗り物に乗った際に寝かしつけると、お母さんも安心して過ごすことに繋がります。公共の乗り物を利用する際には、周りの迷惑にならないよう、そうした工夫が必要と言えます。

外食の際は夫婦の協力が大事

外食の際に、子供がうるさくなると食事はおろか周りが気になってゆっくり出来ません。そのため、外食の際には出来るだけ夫婦で協力し、どちらかが常に子供の相手をしましょう。

スポンサーリンク