おむつなしで大丈夫!?最近話題のオムツなし育児のメリットとは?

裸の赤ちゃん

オムツなし育児という言葉を聞いたことはありますか?その名前から、オムツを履かせず大変な思いをするようなイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際オムツなし育児には様々なメリットがあり、最近話題を集めています。そこで、オムツなし育児の実態と考えられるメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

オムツなし育児の方法とは?

オムツなし育児の方法は様々存在します。最近では0歳から使えるオマルが販売されているので、それを使用する方法をご紹介します。

赤ちゃんを後ろから抱え、オマルを足の間に起き、寝そべった状態で行なう方法や、授乳中にオマルをお尻の下にセットする方法などがありますが、お座りが出来るようになったらそこに座る習慣をつけるなどの方法もあります。

お風呂場で使用するタイプのオマルもあるので、失敗したくないという方にはおすすめです。では、オムツなし育児は何歳から始められるのでしょうか。

オムツなし育児はいつから始めていいの?

オムツなし育児は基本的に生まれてすぐに始められますが、おすすめは生後2ヶ月を過ぎ、首が座った頃と言われています。

オムツをつけることが当たり前になってしまう前に始めることで、より自然に慣れるので、なるべく早い時期から行なうようにしましょう。

そうすることで、トイレトレーニングの際の苦労が少なく済むので、お母さんにとってもメリットがあると言えます。では、そんなオムツなし育児の具体的なメリットを見ていきましょう。

オムツなし育児のメリットとは?

オムツなし育児には様々なメリットがあります。オムツなし育児で、赤ちゃんの便秘や頻尿の改善、オムツかぶれを防ぐなど、赤ちゃんを育てる際によくある悩みを減らすことが出来ます。

さらに、トイレトレーニングがスムーズになるので、排泄の自立が非常に早くなることが考えられます。

最近では失敗を嫌がり、トイレトレーニングに積極的ではないお母さんも多いことから、子供の排泄の自立が遅い傾向にあります。

スポンサーリンク