病院から提出を求められた際のバースプランの書き方

問診を受ける妊婦

最近では出産前にバースプランの提出を求める病院が増えているようです。バースプランは、人によって書くことが異なるので、どのように書いたらいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、提出を求められたら出産の前に出さなければいけなりません。そこで、病院に提出するバースプランの書き方をご紹介します。

スポンサーリンク

バースプランとは?

バースプランとは、入院中の過ごし方や、どのような出産を希望するかなどといった計画を書く、計画書のような役割を果たすもののことを言います。

それを病院に提出し、出産の際に参考にすることで、病院側が妊婦さんや家族の希望に沿うことに繋がります。

さらに、それを基に出産や入院に関する詳しい説明が受けられるので、事前に準備することが出来るというメリットもあります。

そうしたこともあり、最近ではバースプランの提出を求める病院が増えているようです。では、バースプランの書き方について見ていきましょう。

陣痛が始まった際の希望

バースプランを書く際には、まずは陣痛が始まってからのことについて希望を記しましょう。初めての出産の場合、陣痛室での家族の過ごし方や、サポートは誰が行なうかなどといった希望を、出来るだけ詳細に伝えましょう。

初めての出産で不安な場合には、助産師さんやスタッフにこまめに陣痛室に様子を見にきて欲しいなどの希望があれば、あらかじめ伝えておくと安心です。

逆に家族以外にはあまり見に来て欲しくないといった場合には、それも伝えておくと事前に家族にサポートする際のアドバイスをしてくれる場合もあります。

立ち会い、分娩時の処置について

出産を迎えるにあたって重要となるのが、家族の立ち会いです。旦那さんの立ち会いの希望の有無や、両親、上の子の立ち会いなど、詳細な希望を書きましょう。

スポンサーリンク