どうして夢を持てない?子供にやりたいことがない…。原因と対策について

パイロットに扮した子供

子供に将来の夢について聞いた時に、やりたいことが見つからないと答えたら、親としては焦りますよね。子供の進路について親が悩むのは当たり前のことですが、夢が見つからないのは、将来的に不安を感じてしまいます。

子供に夢が見つからない原因と、その対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供に夢がないのはどこかで挫折したから

子供に夢がないというのは、親としては心配になってしまうものです。子供が夢を持てないということには、どういった意味が込められているのでしょうか?小さい頃の子供の夢って覚えていますか?

幼稚園生くらいの子供に将来の夢を聞くと、たいてい答えてくれるはずです。スポーツ選手やお医者さん、お花屋さん、ケーキ屋さん、幼稚園の先生などです。

しかしそれが成長するにつれて、なくなってしまいます。これはなぜなのでしょうか?子供の気持ちの変化というのも関係していますが、どこかで挫折した可能性があります。

親の知らないうちに、将来の夢をあきらめている可能性があります。それがいつどこでどのタイミングで起こったかについてはわかりませんが、少なくとも子供は将来の夢について考える時間を持っていたはずです。しかしそれをゼロにして考えるということには、理由があるはずです。

子供に夢を与えられなかったのかも…

子供が大きくなってから夢がないというのは、もしかしたら育っていく環境の中で、夢を見つけることができなかったのかもしれません。

それは実は親の責任でもあります。子供が飛行機に乗る機会がなければキャビンアテンダントになりたいという気持ちにはならないはずです。

フィギュアスケートを見る機会がなければ、スケートを始めようとは思わないはずです。美容室に言ったことがないと、美容師に憧れを抱かないはずです。

スポンサーリンク