うちの子供は勉強ができない!苦手な理由と対策は?

積まれた本と子供

我が子が、勉強ができないということで悩んでいませんか?できれば勉強のできる子供に育てたいという気持ちは、どの親も同じはずです。

勉強ができないのには何か理由があるのでしょうか?子供が勉強が苦手になってしまう原因と、対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

勉強ができない理由1.意味が理解できていない

子供が勉強できない理由の1つは、意味が全く理解できていないということです。人間にはもともと苦手なものと得意なものがあるはずです。さらに子供が育つスピードにも違いがありますよね。

小さい頃の成績はよっぽどの天才でない限り、そこまで差はつきません。差がついてしまう原因は、意味が理解できていない所に関して、聞かずにそのままにしているということです。子供にとって学習する環境というのは非常に大事です。

わからないことがあったら、誰かに聞くことができる環境を確保しているかどうかによっても、大きく変わってきます。

勉強ができない理由2.先生との相性

子供が勉強できない理由の2つ目は、先生との相性です。先生のみんながみんな天才で、教えるのがうまいというわけではありませんよね。先生との相性が悪いとどうしても成績が下がってしまいます。

今まではしっかり出てきていたような問題も、先生が変わっただけで全くできなくなってしまうようなこともあります。勉強には教える人の教え方が大きくかかわってきます。小学校の頃は、ほとんどが担任の先生の授業になります。

その相性が悪いと、授業自体に興味を持てなくなってしまうので、結果的に成績が下がってしまいます。学泉が変わって担任が変わるようなときには、要注意です。

勉強ができない理由3.自分を過信している

勉強ができない理由の3つ目は、自分のことを過信しているということです。子供にとって勉強よりも優先したいものがあるということは、誰もが持っている気持ちです。しかし、そこは心を鬼にして勉強をしなくてはいけない時もあります。

スポンサーリンク