共働きはコミュニケーション不足になりやすい!子供との接し方は?

パソコンとスーツの女性と赤ちゃん

共働きとして両親どちらも働いているような環境に育っている子供に関しては、なかなかコミュニケーションをとる時間がないと、悩んでしまいますよね。

子供とのコミュニケーション不足は、これからの子供の性格にも関係してくるのでしょうか?共働きの家族と子供の接し方についてご紹介します。

スポンサーリンク

共働きによって出てくるリスク

両親共働きの家族にとって起こるリスクは、どうしても子供と一緒にいる時間が少なくなってしまうということです。小さい頃から保育所に預けて、忙しい日々を送っていく中で、子供とのコミュニケーションの時間が少なくなってしまいます。

夫婦どちらも忙しい仕事をしているような場合は、どうしても子供に寂しい思いをさせてしまいがちです。その結果として子供の性格が愛情不足の典型になってしまう可能性もあります。

自分に自信がない、マイナス思考などです。こういった性格になってしまう可能性もあり、家族の中もあまりよくなくなる可能性もあるので、注意した方が良いでしょう。

共働きでも愛情があれば大丈夫!

共働きの夫婦だと、どうしても子供に愛情を注げていないのではないか?と不安になってしまうこともありますよね。しかし、子供と一緒にいられる時間で、子供が受け取る愛情が決まるわけではありません。

遊べる時間が少なくても、子供と親が向き合って楽しんでいるのであれば、それだけで子供は十分に愛情を感じてくれます。単身赴任の父親がいる家庭だからといって、子供が父親からの愛情を感じられないわけではないですよね?

一緒にいられる時間にたくさん遊んで、たくさん愛情表現をしてくれているからこそ、子供は会える時間が少なくても、愛情不足だとは感じないのです。

スポンサーリンク