子供がSOSを出しているかも!?変化にすぐに気づくために

SOSの文字を持つ手

小さい頃は幼稚園や保育所で何があったか、楽しそうに教えてくれていた子供も、大きくなってくると、どうしても親に話すことも少なくなってきますよね。

そんな中で子供の変化を見逃さないようにすることは、意外に大変です。子供が出しているSOSのサインに気づくためにも、親として気をつけておきたいことについてご紹介します。

スポンサーリンク

子供のSOSのサインとは

なかなか親に助けてのサインを出すことができない子供がたくさんいます。できるだけ子供の変化については、親として敏感でありたいものですよね。子供の変化は親が気づいてあげる以外、どうしようもありません。

子供が出すSOSのサインには、特徴があるはずです。もしも子供が学校で困っているとしたら、学校に行きたくない予兆が見えてくるはずです。具合が悪いだけかもしれないと、甘く考えていると、それがSOSのサインの場合もあります。

子供のSOSのサインはとにかく小さくわかりにくいです。それでも子供が精いっぱい心の叫びを伝えようとしている可能性もあるので、それに気づいてあげるのが親の役目になります。

子供の変化に気づく方法1.家で子供が笑っているか

子供の変化に気づく方法として、子供の笑顔の回数です。親に心配かけないようにと、なるべく笑うようにしているような子供もいますが、それでもふとした時には笑顔が消えてしまっていることもあります。

子供は今までのように本当の笑顔で笑っていますか?どうしても心配な事があると、笑顔が硬くなってしまったり、笑うこと自体ができなくなってしまったりします。

子供の笑顔に少しでも曇りを感じているようであれば、何かあるかを子供に聞いてみると良いでしょう。

子供の変化に気づく方法2.意識的に声掛けをする

子供の変化に気づく方法として、常に子供に声掛けをしてあげるということです。子供は名にあっても、自分から言い出すということをあまりしないこともあります。そこで自分から言いやすい雰囲気を作ってあげるというのも大切になります。

スポンサーリンク