祖父母と子供との関係性は?ちょうどいい距離感とは?

子供と祖父母

祖父母の存在は子供にとっても大きな影響を与えますが、夫婦にとっても大きな支えとなる存在でもあります。

子供と祖父母との関係性は、どれくらいの距離感を保つのが良いのでしょうか?遠方の祖父母と近くの祖父母の場合を考えてみました。

スポンサーリンク

子育てする中で最も頼りになる祖父母

子育てをしていく中で、最も頼りになる存在ともいえるのが、祖父母です。子育ての先輩でもあり、積極的に育児に協力してくれるような祖父母もいて、親としては助かるところもあるはずです。

祖父母の存在というのは、子供にとっても貴重な存在になります。親以外の大人と一緒に接する機会というのは、あまりありません。その中で祖父母の存在は子供に大きく影響を与えます。さらに親よりも自分の言うことを聞いてくれるような祖父母を、子供も好きになっていくことが多いです。

祖父母と子供の関係を良好にすることで、自分も助かれば子供もいい経験ができるというメリットがあります。

祖父母が遠方の場合の距離感

祖父母にできるだけ合わせてあげたいと思っても、祖父母が住んでいる場所が遠方だとどうしても会う機会が減ってしまいます。少なくとも1年に1回、半年に1回程度は顔を見せる機会を作った方が良いでしょう。

あまりにも顔を出さないのは、これから先の関係性にも影響してくる可能性があるので、子供をできるだけ可愛がって欲しいと思うのであれば、年に1回は家族そろって顔を見せ宇に行くことをおすすめします。

祖父母との距離が離れていたとしても、誕生日や母の日などは贈り物を送ってあげることで、関係を良好に保つことができるはずです。子供も一緒に巻き込んで、遠くても遠いなりにできることをしていくことで、ちょうどいい距離感を保つことができます。

祖父母が近い場所にいる場合の距離感

祖父母が遠方にいれば、顔を見せに行くことを目的に合いに行くことはできますが、距離が近ければ近いほど、どれくらいの距離感を保った方が良いのか迷いどころですよね。

子供が小さいうちは、ママとしても忙しい日々が続いていくはずですから、なかなか自分から会いに行くことができないかもしれません。

スポンサーリンク