中学生になった子供に教えておきたいマナー

指をさされた女の子

子供がだんだんと物分かりがよくなり、大人になってくると、色々な事を教えてあげたいとおもうようになりますよね。

中学生になったら、少しずつ社会に通用するような人間に、育てていきたいものです。中学生の子供に教えておきたいマナーについてご紹介します。

スポンサーリンク

中学生に教えたいマナー1.目上の人を敬う心

中学生に教えておきたいマナーの1つ目は、目上の人を敬う心です。中学生になると思春期になり、段々と親の意見を聞かなくなることも多く、学校の先生に対しても反抗的な態度をとってしまう時期でもあります。

だからこそ、目上の人をしっかりと敬う心については、しっかりと教えておくと良いでしょう。親に感謝する、というのは当たり前のことなのですが、その意味をしっかりと子供が理解するのはなかなか難しいものです。

親だけでなく学校の先生や先輩など、これから出会うであろう年上の人や、目上の人に対して、なれなれしい態度をとったり、反抗的な態度を取ったりすることがないように、早い段階でマナーとして教えておくといいでしょう。

中学生に教えておきたいマナー2.公共の場所でのマナー

中学生に教えておきたいマナーの2つ目は公共の場所でのマナーです。中学生くらいになると、段々友達だけで出かけるようなことも増えてくると思います。

特に教えておきたいマナーは、バスや電車などの公共の場所でのマナーです。今まではおやといたからこそ、制御出来てきたこともあるかもしれませんが、それが友達となるとガラッと変わります。

たのしいことに夢中になりすぎて、声のボリュームが大きくなっていたり、マナーモードに設定しなくてはいけないような場所で、大きな着信音がなったりすると、周りに迷惑をかけてしまいます。

スポンサーリンク