親の離婚と子供の結婚には影響はあるの?親子の結婚観について

男女の別れの絵と子供

子供がいながら離婚した身だと、どうしても子供に対する影響についてたくさん考えると思います。万が一自分が離婚したせいで、子供の結婚観に変化が起きてしまったら嫌ですよね。

親が離婚している子供の結婚観や関係性についてご紹介します。

スポンサーリンク

離婚が原因で結婚観が変わることはあまりない

自分の離婚が原因で、子供の結婚観が変わってしまうのではないかと、不安になってしまうこともありますよね。親が離婚したせいで子供の結婚観が変わる、とは言い切れません。

結婚に関する価値観というのは、きっと離婚する前から備わっているはずです。そしてそれは親をお手本にして考えているものでもあるので、離婚前から家族の仲が悪かったとしたら、その時から価値観は変わっていないはずです。

だからこそ離婚が原因で結婚観が変わるということは、正しいとは言えません。また、子供自体もそれを教訓として結婚を毛嫌いしてしまうのか、反対に結婚対して反面教師にするのかは、人によって変わってきます。

自分が離婚したから結婚に対する意識が変わる、というよりもそれ以前から子供の結婚観は出来上がっている可能性が高いです。

自分が離婚すると子供も離婚する確率が高い?

自分が結婚して離婚を経験していると、子供も離婚率が高いのではないか?といわれることもあります。たしかに、離婚を経験していない親よりは、している親の子供の方が離婚率は高いとされています。

これを悪い意味で捉える人も多いかもしれませんが、実はそうではありません。これはいい意味での離婚なのです。

親が離婚しているという親子は、離婚に対しての考え方が変わってきます。結婚観は変わらなくても、離婚に対する理解力を付けることができます。

スポンサーリンク