子供が全然授業についていけない!その原因と対策は?

授業風景

子供が全然授業についていけてないと知ると、親としてはとても心配になりますよね。できれば頭のいい子供に育ってほしいと思っていれば、尚更です。

子供が勉強についていけなくなるのには、どんな理由があるのでしょうか?その原因と対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供が授業についていけない理由1.理解力や応用力がない

子供が授業についていけなくなる理由の1つは、理解力がないということです。幼稚園までであれば、学習能力に対する差はほとんどありません。しかし、実際に小学校に入ると、その差が明らかになることがあります。

もしかしたら自分の子供は理解力や応用力というものが、まだ発達していないのかもしれません。子供にとって学ぶという機会が本格化するのは、小学校に入ってからです。

先生が話すスピードと黒板に書いてあることを理解するスピードが遅いと、理解できないまま授業が進んでいってしまう可能性があります。

また基本的な事は理解できていたのに、応用編になると理解できなくなってしまう子供もいます。

子供が授業についていけない理由2.先生との相性が悪い

子供が授業についていけなくなってしまう理由の2つ目は、先生との相性が元々悪い場合です。学校の先生だからといって、みんながみんな教え方がうまいというわけではありません。子供の学習スピードに合わせるというのが、苦手だという場合もあります。

子供は必死に勉強を理解しようとしても、そこまでの理解ができずに先に進んでしまっている可能性があります。子供にとっては教科書よりも先生の教え方を重視する傾向があります。

先生の言っていることを理解しないといけない、そう思うあまり1つのことに執着して考えてしまって、授業が先に進んでいることもあります。

スポンサーリンク