2人目が生まれると上の子供が可愛くないと感じるママの特徴

ベッドで寝る親子

我が子は無条件にかわいいものだと言いますが、ママの中には2人目が生まれると上の子が可愛くないと感じてしまう方もいらっしゃいます。

上の子供が嫌いになったというわけでも、憎くなったわけでもありません。ただただ上の子が可愛いと思えずに「自分は子供を愛せないダメな母親だ」と落ち込んでいる人も少なくはありません。しかし、上の子が可愛くないと感じるのは、自然なことだともいえるのです。

本日は上の子が可愛くないと感じるママの特徴をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

上の子がイヤイヤ期

上の子が2~3歳くらいの年齢ならば、それはちょうどイヤイヤ期に差し掛かっているのが理由なのではないでしょうか?

イヤイヤ期は子供の反抗期で自我が芽生え始めたことでわがままをたくさん言う時期です。このイヤイヤ期は本当に手がかかるため、一人っ子だとしても大変手がかかります。

早くでかけたいのに嫌だと言われ、服が気に入らないから嫌だといい、靴を履きたくないから嫌だといい、とにかくママをイライラさせるようなことばかりしてきます。

2人目の子育てに忙しいママならば、イライラも最高潮に達してしまうのではないでしょうか?しかし、2人目はまだまだ幼いですから特に反抗することなくおとなしくママのいうことを聞いてくれますよね。

その状況が「下の子は聞き分けがいいのに、なんで上の子はこんなにワガママなの!?」と、上の子に怒りを覚えてしまうのです。しかし冷静に考えてみましょう。下の子はイヤイヤ期になっていないだけで、時が経てばイヤイヤ期に突入します。そのため、決して下の子が聞き分けがいいというわけではないのです。

スポンサーリンク