子供のせいで近隣住民から騒音の苦情!?気を付けたい生活音と対策

暴れる子供たちと困る母親

マンションでよく起こるご近所トラブルの中で、子供の生活音がうるさいという騒音トラブルがあります。ふつうに生活をしているつもりでも、近隣住民にとっては不快な騒音と認識されてしまい、苦情を受ける原因となってしまいます。

そんな子供の苦情になりやすい音とはどのようなものがあるのでしょうか?今回は近くで生活をしていたら以外にも気づかない、騒音になりやすい音についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

子供の声

子供は普通に会話をしている中でも声が大きいですし、何かをみるとやたらと興奮して叫びます。また兄弟姉妹がいる場合は二人で遊んでいるうちにテンションが上がってしまい大きな声で会話をするようになったり、大声で笑ったり叫んだりしてしまいます。

その声を毎日聞いているママならば、なんてことないかもしれませんがご近所からすれば響いてくる子供の高い声が迷惑で仕方がなくなります。

そんな事情から、子供の声がうるさいと苦情を入れる事態に発展してしまうのです。しかし、ママからすれば何がうるさかったのか、何が迷惑だったのか全く身に覚えがないと感じてしまい困惑してしまいがちです。

しかし、子供の声に鈍感になっているママには、子供が騒音を出している自覚がないのが問題なのです。特に泣き叫ぶ声は響きやすいので気を付けるようにしましょう。

走りまわる音

子供は放っておいても走ったり飛んだりして部屋中を暴れまわります。元気のいい姿をみて微笑ましく思っているママも多いでしょうが、走り回るおとは大変響きやすいのです。

走り回るだけではなく、ソファから飛び降りる音だったり、足を鳴らして飛び回る音は大変不快です。

スポンサーリンク