これだけ遊べてほぼタダ!夏は水遊びも満喫できる「あいかわ公園」の魅力をご紹介!

水遊びする子供

週末になると「今度のお休みどこに行く?」なんて言われることはありませんか。特に、これから迎える夏休みに入れば、毎日のように・・・。

だからと言って、そんな毎日お金のかかるようなところには行けないし、そこで候補に挙がるのが公園に。近年の夏は暑さ対策を万全にしないと熱中症の心配も!

そこで、水遊びもしっかりできて、尚且つお財布に嬉しい、インターネット上でも話題の「神奈川県立あいかわ公園」にスポットを当ててみました。

スポンサーリンク

どこにあるの?どんなところ?

神奈川県の南西に位置する愛甲郡の愛川町にあります。子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」にて、町田・相模原・上野原エリアの2017年年間総合ランキングで第一位を獲得するほどの、人気スポットなんです。

以前、日経新聞で“夏に行きたい観光ダム”の第一位に選ばれた「宮ヶ瀬ダム」直下の河岸段丘状に広がっており、敷地も51ヘクタールと広大で、大自然を満喫できる公園です。

見所その1.水遊びが楽しめる

ひざの高さくらいまでの水深のじゃぶじゃぶ池と、公園に入ってまず目に入る中央広場では、オムツ着用のお子さんも楽しめる噴水があります。

どちらも夏の暑い時期はとても賑わっています。水着やお着替えを持参していくことをお勧めします。

見所その2.大型遊具で遊べます

小さなお子さんには、「子ども広場」エリアがお勧めです。ふわふわドームや、こじんまりとした小さな子向けの遊具があります。ふわふわドームは安全性などを考慮し、年齢制限なども実施されています。

また、「冒険の森」エリアには、滑り台やジャングルジム、ブランコ、巨大迷路などといった大型アスレチックが充実しています。

スポンサーリンク